スイングは、丸じゃなく、四角なのだ!

 

丸く振れ!なんて、教えられてるから、

いつまでたっても、上達できないのです。

 

敢えて、達人は言い切ってしまうのです、

手の動きは、四角に動くのだと。

 

テークバック(両手)は、右腰辺りまで、

地面と平行に動き、

 

そこから、両手は上に上がる

 

トップが決まったら、今度は逆の道を帰るのです。

 

一拍置いて、両手はストンと下(体の右サイド)に落とす、

 

このストンと落とすという意味は、

自分で、クラブを引っぱり下ろすのではなく、

トップから、グリップの握りをゆるくして、

クラブ自体の重さで落とす感覚です。

とても微妙ですが、大切なポイントです。

 

そして右腰辺りから、地面と平行に動き、

右手をターンさせる

 

ここで、大切なことは、

左脇が開かないようにすること。

 

フォローでは、体がターゲットを向き、クラブは

スッと立つ。

 

どうです?四角でしょ。これが、スイングなのです。

 

丸く振るという言葉を単純に受け取ると、

トップから、いきなり右半身をかぶせ気味に

ボールを打ちにいってしまいがちです。

結果、スライスもフックも出てしまいます。

 

f:id:t6911:20170119211338j:plain

 

体重移動なんて、意識する必要はありません。

 

グリップしてクラブを右に移動させたら、勝手に体重は右にいくし

左に振ったら、自然に左に移動します。体重移動をしなければ

ならないと自分を縛らないこと。

 

体重移動という言葉を、鵜呑みにすると、スイングとの

バランスやタイミングがうまく取れません、体の芯を

感じ取れない、締まりのないスイングになってしまいます。

 

体重移動という言葉は、方向は無視で、

ただ飛距離だけを欲しがる人の

アドバイスだと思って下さい。

 

ムダのないスイングが

出来てきたら、飛距離は付いてきます。

 

●テークバックのとき、顔が5~10センチくらい、

右にズレてもいいのです。

 

ボールと目の距離を変えずに、テークバックしなさいと

教えられていませんか?

 

そんなことを、親の遺言みたいに、守っていると

左体重のままで、テークバックでは、左肩が落ち、

ダウンスイングでは、右肩が落ちてしまう

いわゆる、ギッタンバッコンのスイングになります。

 

5センチずれたら、5センチ戻せばいいことです。

ただ、そのためには、テークバックしたとき、

右膝を動かさないことです。

 

それを意識すると、右膝が突っ張ってしまう人は

右股関節を位置を動かさないという意識でもいいでしょう

 

世の中にゴマンとあるレッスン記事やアドバイスを

額面通りに受け取ってはいけません。

 

何でもかんでも受け入れてはいけません、

取捨選択する賢さもゴルファーに必要です。

 

どうしても押さえておかなければならない

ゴルフの肝は存在しますが、

 

スイングは、人の数だけ存在します、

プロだって、皆違います。

 

あなただけのスイングがあるはずです。