せっかく連休なので、せめて日本各地を行った気になって、歴史うんちくとともにお楽しみください。

じぇじぇじぇ!「じじぐれ」祭りだよ〜でも福井県

f:id:emiyosiki:20130506195252j:image:w360
 大型連休終盤の5日、福井県福井市美山地区の味見河内町の住吉神社周辺では、春の訪れに感謝する「じじぐれ祭り」が行われた。(略)
 伝承によると「じじぐれ」とは「野山の春の気配に心が奮い立つ」という意味で、雪深い同町に800年以上伝わるという伝統行事。ブナやシデ、スギの葉やツバキの枝を使った「柴(しば)みこし」を毎年手作りし、最後にご神体を模したみこし上の花束を男衆が奪い合うユニークな風習が残る。(福井新聞)


 福井に追加〜信長に滅ぼされた町にて

f:id:emiyosiki:20130507222439j:image:w360
 戦国時代に朝倉氏が催したといわれる「曲水(きょくすい)の宴(えん)」が5日、福井市の一乗谷朝倉氏遺跡で開かれた。さわやかな好天の下、華やかな貴族衣装をまとった宴者が和歌を詠みあげ、当時の歌遊びを再現した。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/event_calture/42270.html

淡路島で海のだんじり

f:id:emiyosiki:20130504200602j:image:w360
 「ちょうさじゃあ!」の掛け声とともに、高さ約10メートルのだんじりが大きな水しぶきを上げて海になだれ込む。淡路島の南沖合にある離島の沼島(兵庫県南あわじ市)で4日、恒例の春祭りがあった。海上安全や豊漁を祈願し、漁師の島に江戸時代から続くといわれる。(大分合同新聞)

 淡路島のさらに離島でのお祭り。うーん行ってみたい。

  • 淡路地震の翌日に読んだ歴史地震の新聞書評 - 歴史ニュースウォーカー 淡路地震の翌日に読んだ歴史地震の新聞書評 - 歴史ニュースウォーカー

京都葵祭に女子大生斎王代

f:id:emiyosiki:20130504121500j:image:w360
 京都三大祭りのトップを飾る「葵祭」を前に、ヒロインの斎王代が身を清める神事「御禊の儀」が4日、京都市左京区の下鴨神社で行われた。

 午前10時半ごろ、今年の斎王代を務める聖心女子大3年の長瀬摩衣子さん(20)=左京区出身=が、雅楽の調べとともに十二単をまとって登場。(山陰中央新聞)

  • 中国の「バカ盛り」をまねした嵯峨天皇

平城京

f:id:emiyosiki:20130504091727j:image:w360

 奈良市の平城宮跡で3日、奈良時代の行事を再現する「平城京天平祭」が始まった。初日は、華やかな古代衣装をまとった男女約400人が行列を組んで練り歩き、約1万6000人でにぎわった。同祭は5日まで。
(読売新聞)

 なんか奇麗で楽しそう。

聖武天皇エントリー

  • 最強の古代天皇を決めようず!聖武天皇VS桓武天皇 - 歴史ニュースウォーカー 最強の古代天皇を決めようず!聖武天皇VS桓武天皇 - 歴史ニュースウォーカー
  • 東大寺の大仏の足元から見つかった刀の明治時代のイラストが奇麗な剣について 東大寺の大仏の足元から見つかった刀の明治時代のイラストが奇麗な剣について - 歴史ニュースウォーカー
  • 私説「鑑真はガンジーだった」が明快に覆される屈辱。奈良・唐招提寺の鑑真和上座像が当時の色合いで復元【画像あり】 私説「鑑真はガンジーだった」が明快に覆される屈辱。奈良・唐招提寺の鑑真和上座像が当時の色合いで復元【画像あり】 - 歴史ニュースウォーカー
  • 奈良の大仏と鎌倉の大仏どっちが古い?
  • 現実逃避の帝王が作った幻の都に、謎の建物あらわる!

小田原北条氏

f:id:emiyosiki:20130504093344j:image:w360
小田原市最大の観光イベント「小田原北條五代祭り」が3日、小田原城址公園(同市城内)とその周辺で開かれた。約18万人(主催者発表)の観衆が園内や沿道を埋め、勇ましい武者パレードを楽しみながら往時に思いをはせた。
(神奈川新聞=動画もあり)

滅びし栄光よ

  • (映画の動画あり)のぼうの城で「でくの坊」は石田三成だった説のウソ - 歴史ニュースウォーカー (映画の動画あり)のぼうの城で「でくの坊」は石田三成だった説のウソ - 歴史ニュースウォーカー
  • 【非のぼうの城】ちゃんと落城していた埼玉県の北条氏の城 #のぼうの城 - 歴史ニュースウォーカー 【非のぼうの城】ちゃんと落城していた埼玉県の北条氏の城 #のぼうの城 - 歴史ニュースウォーカー
  • マイナー戦国大名・加藤光泰はなぜ参戦しない小田原攻め後に、武田信玄の本拠地をもらえたのか?

能登の奇祭

f:id:emiyosiki:20130504134031j:image:w360
 国の重要無形民俗文化財に指定されている曳山(ひきやま)行事で知られる七尾市の青 柏祭は3日、鍛冶町の宵山(よいやま)で開幕した。若衆らの勇壮な掛け声とともに、高 さ約12メートル、重さ約20トンある日本一の山車(だし)「でか山」が民家の軒先を かすめながら港町七尾の路地を巡行した。(北国新聞)

f:id:emiyosiki:20130504092525j:image:w360
大型連休後半入りを前に、能登町では県指定無形民俗文化財「小木とも旗祭り」が2日 間の日程で始まった。巨大なのぼり旗をはためかせながら伝馬船9隻が小木港を勇壮に巡 航し、豊漁と海上安全を願った。(北国新聞、5月2日)

 勇壮ですなぁ

 ↓能登半島の沖合の島のお話です

  • じぇじぇじぇ!あまちゃんがふんどし一枚で素潜りする写真集が密かに発売【海女のいる風景】 - 歴史ニュースウォーカー じぇじぇじぇ!あまちゃんがふんどし一枚で素潜りする写真集が密かに発売【海女のいる風景】 - 歴史ニュースウォーカー

黒田如水@博多どんたく

f:id:emiyosiki:20130504095224j:image:w360
 3、4日に福岡市で開かれる「博多どんたく港まつり」で、同市や兵庫県姫路市など官兵衛ゆかりの5市が、福岡藩祖の黒田官兵衛・長政親子と家臣団24騎にふんした武者行列を披露する。来年、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」が放映されるのを機に、誘客合戦を繰り広げるライバル同士だが、全国から観光客が集まるどんたくで、一緒に売り込みをかけようと意気込む。
(読売新聞)

  • 黒田官兵衛の一生(生まれる前編)

 

政宗の城

f:id:emiyosiki:20130504113206j:image:w360
 開催中の大型観光宣伝「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン(DC)」を機に、仙台城跡(仙台市青葉区)の土曜の夜間観光が活気づいている。仙台市のPR集団「伊達武将隊」が演武を展開するほか、東日本大震災で中断していた夜のバスツアーも復活。青葉城本丸会館も営業時間延長で受け入れ態勢を整えた。関係者は「震災から前に進む気概で、観光復興に攻勢をかけたい」と意気込む。(河北新報)

  • 戦国秘話ヒソチリア!あなたとNHKの知らない伊達政宗の5つの秘密 - 歴史ニュースウォーカー 戦国秘話ヒソチリア!あなたとNHKの知らない伊達政宗の5つの秘密 - 歴史ニュースウォーカー

熱田神宮@名古屋が8日に1900年記念大祭

f:id:emiyosiki:20130312095457j:image:w360
創祀千九百年の慶節を祝し、祭典を斎行します。総代・崇敬者をはじめ各界の代表者等が参列する中、日本武尊の御遺徳を偲び、皇室の弥栄・国家の隆昌を祈ります。熱田神宮

 ゾクゾク更新中です。また来てね。

 今週買った1冊、これは期待!↓